google-site-verification: google487c3a79508c6834.html

医学生いかまるのお気楽日記

一般家庭からの医学部進学の裏ワザをご紹介 医学生の勉強法、日常、趣味

実際どっち? 医学部か東大京大か!

今回は永遠のテーマ!

 

医学部か!はたまた東大京大か!

についてお話したいと思います

 

お話するのは以下の3点ですo(`・ω´・+o) 

  1. 収入
  2. 現在の難易度
  3. 今後の需要

 

1.収入

最も気になるのはなんといっても収入ではないでしょうか。

年収で考えてみましょう。

 

まずは医師から!

勤務医の平均年収は、1696万円 というデータがあります。(以下のサイトより)

https://heikinnenshu.jp/iryou/kinmu_dr.html

 

開業医の年収はさらに高い傾向にありますが、開業医というのは少数派ですので、

勤務医で考えたいと思います。

 

続いて東大京大(医学部を除く)

 

東大・京大の卒業生の年収は、

東大が729万円 、京大が677万円

となっています(以下のサイトより)

https://venture-finance.jp/archives/5868

 

収入面で考えると、

完全に医学部に軍配が上がりそうですね

その差は2倍以上です(。-`ω´-)

 

2.現在の難易度

つづいては、現在の難易度を比較してみましょう!

 

河合塾偏差値では

 

東京大学(67.5)、京都大学(65.0)

となっております

 

一方医学部は?といいますと、

国立・私立大学医学部(62.5~)

となっております

 

ご覧の通り、現在は医学部の方が入りやすい状況にあります。

が、上位の医学部ともなれば、偏差値は70を超えてくるため、東大京大よりも難易度は上がってしまいます。

 

参考程度に、

【国立】

大阪大学医学部(70.0)

横浜市立大学医学部(67.5)

秋田大学医学部(65.0)

徳島大学医学部(62.5)

【私立】

東京慈恵会医科大学(70.0)

東京女子医科大学(65.0)

川崎医科大学(62.5)

 

ぶっちゃけピンキリです(;-ω-)

(立地にこだわりがなければ医学部の方が入りやすいと言えますね!)

 

3.今後の需要

 

需要=進路

と捉えて話を進めさせて頂きます。

大京大を卒業した人は、

・有名企業に就職

・官僚、政治家

・研究者

・会社設立

こんなところでしょうか。

 

永遠に需要があると言えますね。逆にいなくなると困ります。

 

医師は高齢化が進むにつれて需要が増すと言われています。

 

ですので需要はに関してはイーブン!引き分けといった所でしょうか。

 

大京大卒業生の進路を見て気づいた方もいらっしゃると思いますが、

 

この先ずっとチャレンジが必要な仕事

 

ばかりです。

 

一方、医学部を出れば

 

ほぼ100%の人が医師になります

 

医師の仕事もなかなかハードですが、

なんといっても安定が見込めます

 

ですのでこの点に関しては好みですね

 

チャレンジ か 安定 か!

 

さて、以上で3つの点についてお話してきましたがいかがだったでしょうか。

 

この話題には永遠に決着がつきません笑

皆さんはどうお考えになりますか

 

では(^^)/